より高い視点から自身を眺める

a0264693_12275222.jpg

こんにちは。

本日の待機予定です。
11月11日(日)
18時から25時まで通常待機しています。
(途中休憩による一時退席、早上がりもあり)

松田 たけお

11月11日11時11分11秒の瞬間を
ふと目視できて感動できてしまう幸せ(笑)

それと比べ20代前半の頃、
どうすれば幸せになれるんだろう?
こんなに身を粉にして働く意味ってなんなんだろう?

当時はバブル時代の真っ只中。
仕事が終わらず徹夜になろうが我慢が美徳で、
なんで?なんて疑問を持つこと自体がナンセンスな時代。

ところが25歳のある日、
自分自身を俯瞰する力と出会ってから、
それまでの疑問が一気に解決してしまいました。

よく耳にするような、
第六感という感覚的な部分と、
思考と心がリンクしたことによって、
これまでのなぜ?がなるほどに入れ替わったのです。

すると何が起きたかというと、
どうすれば幸せになれるか?ではなく、
今すでに自分は幸せな状態にあるんだな。
ということに気づき、なんでこんなに身を粉にして、
という疑問も、全て自分が選択した結果で他の選択肢も選べる。
と、これまでの囚われから解放された瞬間でした。

もちろん、
その後も新たな体験や
失敗から多くを学びましたが、
その都度自分を俯瞰することで解決できたものです。

俯瞰するとは、
もう一人の自分によって
自分自身を高い位置から見渡すようなもの。

幽体離脱と言ったオカルトチックなことではありません。

自分の置かれている状況を、
イメージでスクリーンに映し出して、
眺めるといえばわかりやすいでしょうか?

この状態は2次元のイメージ力です。
第六感を受け取る意味での俯瞰としては弱く、

さらに上から眺めるような、
3次元のイメージ力を身につけます。

この3次元のイメージ力というのは
私の力だけで習得するのは難しかったので、
人様に力を借りて日々訓練して強化してきました。

訓練すると何が起きるかというと、
より高い視点から自分自身を俯瞰できるわけ。

おそらく先を読む力を持っている人は、
自分自身を中心により高い視点から眺めることができるのでしょう。

あ〜、もうなんでいつもこんな問題ばかり起こるの?
なんで私ばっかりこんな目にあうんだろう?

というタイミングでは、
より高い視点から自身を眺める、
そんな力を身につけると解決できるかもしれません。

離したり近づいたりしていると、
フォーカスでは見えない範囲に原因があり、
力がつくと原因の位置でピントが合うようなイメージですね。

今日も素敵な一日でありますように・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚

松田 たけお

by matsu05062003 | 2018-11-11 12:35 | ショート・カウンセリング | Comments(0)