ノージャッジメントで大難を小難で済ませる

こんにちは。

今週のキーワード
「ノージャッジメント」

問題が起きた時、
私が口ずさんでいるフレーズです。

日本語で表現するなら、
「あるがままを観なさい」 とでも言えるでしょうか。

問題が起きたら、
まずは良い悪いの評価は脇に置いて、
その出来事のあるがままを観察するようにしています。

私が心理学を学び始めた頃、
よく理解できなかったフレーズが
この「あるがままを観る」という講師のフレーズでした。

しかし、
ノージャッジを習慣としていくうち、
この「あるがままを観る」意味が結果として現れました。

その意味とは、
問題は他人ではなく
私たち自身が作り出していると気づいたのです。

もっと上位の概念で観ると、
そもそも問題が起きる根本原因は、
私たちが「あるがままを観る」ための、
気づきを促すために起きていると認識できるのです。


大病を患う前に
免疫力が下がり体調を崩したり、
小さな痛みを感じるようなったりするように、、、

もしも
某大手メーカーが
問題のあるがままを見逃さないでいたら、、、

大きな問題が起きる前、
小さなサインはいたるところで現れていたはずです。

あるがままを観ることで、
小さなサインを見逃さないことは、
言い換えれば、問題を素直に受け入れることです。

誤解しないでいただきたいのが、
あるがままを観て何も決断しないのではありません。

問題が起きる。
そこで様々な感情が湧きます。

この時点で決断するのではなく、

この感情を感じたら、
問題をノージャッジで一度観察してみるのです。

リラックスできる環境があればベストです。

リラックスできる環境の元で、
脳波を整えてから決断するのです。

すると、
大難に発展する要因を
小難で抑えることが可能ですし、
大難だったとしても次に繋がる大役となるかもしれないからです。

あなたにとって素敵な一日になりますように*。☆*✨*✨☆。*゚✨
a0264693_8423636.jpg

★2月20日(月)〜2月26日(日)までの待機時間をお知らせします。
19時〜24時まで待機いたします。
26日(日)は23時以降からの待機となります。
翌0時以降〜朝昼夕は、不定期にて待機いたします。

※途中、食事などで休憩に入り退席している場合もございますが、その際はご了承ください。

緊急でご用の場合は、
新たに設置された待機リクエストボタンをご活用くださいね。
(待機できないタイミングもございますので、ご了承ください)


松田 たけお

by matsu05062003 | 2017-02-19 09:14 | 今週の待機状況